TOEIC インフォメーション

のグラフは、現在のTOEICスコアから目標スコアを達成するまでにおよそどの位の勉強時間が必要か示しています。 例えば、今のスコアが400 点で目標が700点の場合、 およそ750時間!の勉強が必要ということになります。そしてグラフの特徴として大事な点は、スコアが高くなればなる程、同じ点を上げるのにもっと勉強時間が必要になる事です。例えば、200点から300点へ100ポイント上げるのに100時間必要ですが、800点から900点へ同じ100ポイント上げるのには400時間!必要です

X

TOEICのスコアを上げるために必要な勉強時間の目安
TOEIC 200
TOEIC 300
TOEIC 400
TOEIC 500
TOEIC 600
TOEIC 700
TOEIC 800
TOEIC 900
-->
100 hrs
250 hrs
450 hrs
700 hrs
1000 hrs
1350 hrs
1750 hrs
-->
150 hrs
350 hrs
600 hrs
900 hrs
1250 hrs
1650 hrs
-->
200 hrs
450 hrs
750 hrs
1100 hrs
1500 hrs
-->
250 hrs
550 hrs
900 hrs
1300 hrs
-->
300 hrs
650 hrs
1050 hrs
-->
350 hrs
750 hrs
-->
400 hrs

X

もちろん、上記の数値は非常におおまかなものです。それは受講生ひとりひとりによって、どの位一生懸命勉強するか、どの様な研修を受けるか、もともとの英語運用力はどうか、などの要素によってその勉強効果に差異ができますから。大事なことは目標のスコアに達するまでにおおよそどの位の勉強時間が必要なのか受講生が把握し、現実的なプランを作成してそれを実践していくことです。そうすれば、なかなかスコアが上がらなくてがっかりしたり、焦ったりする事なくじっくり英語学習に取り組めると考えます。 そして今度、本屋さんで「20日間でパーフェクトな英語をマスター」というような本を見かけた時に、それがどれだけ意味の無いことか感じて頂けるでしょう。
TOEIC (Test Of English for International Communication)はGMATも作成している、ETS (Educational Testing Service)によって作成されています。国内2000以上の企業にも採用されているTOEICは、社員の英語力を客観的に評価する方法として最も最適といえるでしょう。スコアは10点から990点まで 5点刻みで表されます。TOEIC 730 (TOEFL 550*)以上が、米国大学留学には必要とされています。 より専門性のある学習やMBAプログラムなどにはTOEIC 875 (TOEFL 600)が必要とされています。
*TOEIC score x .348+296=TOEFL score. This formula is published by ETS.

-

TOEICは、大まかな進歩の度合を測ることができても、個々の英語力を正確に測定できるかという点においては有効な方法とはいえない。実際、TOEICは短期間の進歩を測るには極めて非効果的である。(ここでいう短期間とはおよそ150時間あるいはそれ以下の学習時間を意味する) しかし、多くの企業はわずか50から100時間の英語研修の後で社員の上達度をテストしている。これは誤りである。なぜなら、TOEICはテストとテストの間の短期間の進歩についてのガイドラインは公表していないからである。この様なショッキングな手抜かりは、多くの企業がしばしばテストを実施することにより、TOEICがますます儲かるという結果を引き起こしている。

TOEICはSEM(SEM = Standard Error of Measurement - SEM25は68%のTOEIC受験者が彼等の実際のスコアからプラス・マイナ25点の範囲での誤差を意味する)を主張しているが、多くの研究によるとTOEICのSEMは35から47の範囲とした方がより正確であると発表されている。このテストを利用したことのある研修担当者は受験者のスコアの分布状況を分析することでこの事実を確認できるであろう。

それではTOEICで意味のある結果を得るのには何時間の指導が必要とされるのであろうか?In a large-scale study conducted by Saegusa (Saegusa 1985), 三枝氏の広範囲における研究によると、平均84時間の指導を受けた受験者達は50点以下のスコアの上昇が見られなかったという。 SEMとかけ離れたこの数値からしても統計的に見てあまり意味のあるものとはいえない。三枝氏はTOEICで意味のあるスコアを得るためには、テスト前に100から200時間の指導が必要であると指摘している。

英語研修のプログラムを効果的に決定するためにTOEICを使用するのは適切とは言える。30人、あるいはそれ以上の受講者のサンプルを用いることは、最低100時間の指導の後で、そのグループの予備テストと指導後のテストのスコアの平均を比較したり、この表に示された基準に基づいて結果の評価をすることは可能である。

『日本の企業における正しいTOEIC、誤ったTOEICの使用方』という研究報告の中で、マーシャル・チャイルズ博士はTOEICテストについて下記の5つの結論を述べている。この内容についてはチャイルズ博士の許可を得ている。

1)グループの上達を測る
結論:ある状況下では有効である。TOEICは不正確なものと真の上達度を区別するために、統計的に意味のある慎重な測定をするのに必要とされる方法を用いて、学習者のグループ間の平均の上達度を識別するのに使用できる。しかし、たとえ上達度が正確に測ることができたと言っても、その根拠については不確かさがまだ残るであろう。

2)色々のスクールでの実施と扱いの比較
結論:ある状況下では有効である。運営者はTOEICのスコアを上昇させることの難しさは、下のラインより上のラインを上昇させる方が大変であるということに気付くべきである。

3)個々の学習者の上達の測定
結論:有効でない。個々の学習効果を測定するのにTOEICを用いるのは、一般的に言って、効果的ではないし誤りである。TOEICの結果の変動性は、SEMが予想される個々の学習の上達の範囲内であることから、学習効果の測定においてその有用性を打ち砕いてきたからである。

4)学習者の進歩についてのカウンセリング
結論:有効でない。TOEICのSEMではテストとテストの間のスコアの大きな変動性を示す可能性がある。例えば、このスコアの差はネガティブなものと成ったり、またその差が大きなものににも成り得るばかりか、前後のテストが不正確な結果にも成り得ないからである。実際、テストの連続でしばしば遭遇する低い結果は、あまりやる気のない学習者に不幸な副作用を及ぼす可能性をもたらすことがある。

5)個人に対する学習方の案内
結論:有効でない。TOEICは診断テストではなく、学習者の長所や弱点を正確に指摘することはできない。もし、運営者が結果の統計的な変動性を明確に理解していたら、学習者の全体のレベルの測定に対しての大まかなガイドが可能である。

資料
*マーシャル・チャイルズ博士(1995)『日本の企業における正しいTOEIC、誤ったTOEICの使用方』Association of Language Teachers. Language Testing in Japan, 1995

Saegusa Y. (1985) Prediction of English Proficiency Progress.
Musashino English and American Literature, Vol. 18 Tokyo: Musashino Women's University.


X
Prolingua Executive Language Services
ウ162-0043 東京都新宿区早稲田南町35ー601
Tel: (03) 3202-8451, E-mail: proling@gol.com

Copyright Prolingua 2000 - All Rights Reserved